社団法人 岩手県食品衛生協会


HACCP   

 Hazard Analysis Critical Control Point
HACCPシステムとは
 食品の製造工程中で、食品事故の原因となるような危険なところをあらかじめ分析しとくに重要な点を重点的に衛生管理する方法です。

 

岩手版HACCP

 製品が広域に流通する製造業には、原材料の仕入れ時から、お客様に食べてもらうまでのすべての工程で、HACCPシステムの考え方に基づく衛生管理を行うことが求められています。

 食中毒事件の約3分の1は飲食店が原因となっております。食中毒等の食品の事故を未然に防止するために、飲食店においても原材料の仕入れ時から、お客様に食べてもらうまでのすべての工程で、HACCPシステムの考え方に基づく衛生管理を行うことが求められています。

 食品販売業にも自主管理が求められています。販売者には、仕入れた食品の品質を劣化させずに消費者に引き渡すという重要な責任があるからです。

 さあ、あなたの施設(お店)にもHACCPシステムを導入しましょう!!
  ○実践!製造業のHACCPチェック表(PDF)
  ○実践!飲食店のHACCPチェック表(PDF)
  ○実践!販売業のHACCPチェック表(PDF)



  〒020-0021 岩手県盛岡市中央通2丁目1-14 岩手食肉会館2F TEL・FAX019-651-5418